BLOGブログ

BLOG TOP

Singing
April 18, 2017

歌のレッスン:キー設定について(ぴったり合ったキーで歌おう 良い結果を出す為には良い戦略が必要)


ちょっと厳しめかもしれないけれど、
プロフェショナルな歌手を目指すべく、
日々がんばっている音楽家の皆さんへの ミニレッスン♫です。
少しでも役に立ってくれたら嬉しいです。

●好きな曲を気持ちよく歌っているだけでは受からない
 私の受け持つ生徒達はプロ志望者が多いです。
 彼らは常日頃から様々なオーディションを受けたり、
 自分でライブを開催したりして夢や目標や
 チャンスを掴もうとしています。
 そんな彼らへのアドバイスとして、
 常に私は、
 ①自分の声に合った選曲をする事
 ②実力以上に上手に聞こえる曲を歌う事

 この2点は、口すっぱーーーーくなる程
 言い続けています。

 なぜなら、生徒達の多くが間違った選曲を
 してチャンスを棒にふっているいると思うからです。
 プロを目指すならば、
 オーディションに受かりたいならば、
 ライブで良い結果を出したいならば、
 単に自分の好きな曲を
 気持ちよ〜く歌っているだけではダメです。
 自分良ければ周り悪しです。
 
●キーが高すぎると聞いてる人は辛い
 生徒達のほとんどが、
 キー設定が高すぎます。
 加えて、実力以上の曲を選ぶ傾向にあります。

 どうして、実力以上の高いキー設定をし、
 難曲を選曲し本番に挑むのか。
 悲しい結果に繋がるのに、、、、

●偏差値が足りないのに「東大受験」をする学生のよう
 キーを実力以上に高く設定して、
 とても苦しそうに、かつ、喉を閉めてヒーヒー歌い、
 その結果、案の定、悲しい結果を出している人は、
 言わば、
 偏差値が足りてないのに「東大受験」をして、
 やっぱり不合格になる学生
のようなものです。
 失敗して当然なのです。
 
 実力が足りていないのに、
 実力以上の学校の入試を受験しても、
 不合格は間違いなし・です。
 楽曲のキーは、絶対に、絶対に、絶対に、
 自分の実力に見合っているものでないと失敗するのです。

●実力より1つ低いキー設定がベスト
 本番に成功するためにも、
 良い結果を出す為にも、
 私は、生徒たちに、
 「楽勝キーで本番に挑むように。」
 と指導しています。
 楽勝キーとは具体的に言えば、
 実力より1つ低いキーの事。
 ラクラクと簡単に歌えるキーを設定すること。
 そのくらいのキー設定が、
 最高のパフォーマンスに没頭できるのです。

●自分の満足より聞き手の満足が基準
 実力よりも高いキーでヒーヒー喉声で歌うと、
 聞き手は辛いです。
 疲れるし、好感を持たれない。
 歌っている本人は、「こんな高いキーで歌えていて高音すごいでしょ。」
 と、言いたいのでしょうが、
 聞き手はそうは思っていない。

 聞き手がそうは思っていない 
 、、、という事を本人がわかっていない。
 
 ●キー設定には命がけで!
 という事で、
 オーディションに受かりたい方、
 本番でヘナチョコパフォーマンスになりたくない方、
 実力以上に上手く聞こえるように歌いたい方は、
 まずは、まずは、とりあえずは、
 楽曲のキー設定の見直しをお勧めします。
 いつも不合格に終わる方の多くは、
 この基本のキー設定に問題がある方が多いです。
 キー設定は慎重に。もっと繊細に。
 余裕を持ったキー設定で挑んでみてください。
 
 という事で、役に立ったかな。
 みなさんの次のオーディションや本番でのパフォーマンスが
 より良いものになるよう、願っています。
 Good Luck!

——————————————————
《広瀬香美音楽学校》
ボーカルレッスン無料体験予約はこちらから

http://www.do-dream.co.jp/trial/index.html
——————————————————
——————————————————
広瀬香美の最新情報はメルマガ登録へ
https://s7.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=kohmi
——————————————————

人気の記事

人気の動画

  • 広瀬香美 25th debut anniversary winter tour 2017 〜プレイリストをどうぞ ロサンゼルス公演

  • AlpenGroup Presents 広瀬香美 25th debut anniversary winter tour 2017
    ~プレイリストをどうぞ~

  • アルバム「25th プレイリスト」トレイラー映像

  • 「最高のエンディングを共に」Short MV

最新の記事

Top